top of page

令和6(2024)年 新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

新しい年を迎えた朝、いつもより少し気持ちを引き締めて仏さまにご挨拶をしましょう。

そして仏さまの前で少しだけ時間をとってこれからの自分のことを考えてみてください。


さてさて、今年はどれほどお寺にお参りできるのでしょう。

はたしてあと何回お聴聞ができるのでしょう。


浄土真宗は他力のお救いに怠けていく教えではありません。

何もしなくてもよいというただの楽観的な思想主義でもありません。

私自身のいのちの問題です。


今年もお聴聞に励みましょう。今年もお念仏を称えましょう。

ぜひともご一緒に。南無阿弥陀仏。


閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page