KAITOKUJI BLOG 海徳寺ブログ
  • facebook seiyouzan kaitokuji
  • kaitokuji_shima
  • Eijun Matsuzuki

〒819-1334

福岡県糸島市志摩岐志375

電話 092-328-2032

FAX 092-328-2189

​こういう人がいましたよ

お念仏よろこんだ人の

​おはなし

​みょうこうにん

妙好人

IMG_3565.jpe

「父の笑顔は家族の支え」

​吾智網に鯛の養殖、イカ釣り。父はいつでも何をするにも一生懸命でした。七十歳頃に始めたカキ小屋は、父のぬくもりを感じる場所。手作りのテーブルと椅子、そして新鮮な海の幸がお客様を迎えていました。父のファンも多くよく作業場へ足を運んでくださいました。お客様がいらっしゃると「サービスしとくばい!」と笑顔で大盤振る舞い。朝早くから夜遅くまで頑張って、疲れなど見せることはありませんでした。ここ二年ほど病気がちでお店に顔を出すのは難しかったものの、いつも気にかけ「二十五日までは…」とリニューアルオープンするのを楽しみにしていました。門出を見せてあげられなかったのが残念ですが、これからは空の上で見守っていてくれるでしょう。私達が大好きなあの笑顔で…。

~子供一同

このような言葉で見送られたご門徒のNさん。人にぬくもりを与えられることを、人はやさしさというのであろう。有名な歌に「人は悲しみが多いほど、人には優しく出来るのだから」というフレーズがある。Nさんのもつ大きな優しさに、今まで背負ってきたものの大きさを感じる。やさしさとは、強さなのである。その強さはどこから来るのか。それはNさん自身がとてつもない大きなものに支えられていたからではないか。阿弥陀さまである。阿弥陀さまを聞いた人は強い。そして柔らかい。

ある日、病院帰りにお寺に立ち寄ってくださった。どうやら深刻な病状のようである。「あとのことは、よろしくたのんます」、そう私に言い残してお浄土へ往ったNさん。お葬儀を勤め終えた今、遺された家族がみな阿弥陀さまを聞き、同じお浄土へと歩む人生となるよう願うばかりである。Nさんのカキ小屋は、今日もたくさんのお客さんで活気に満ち溢れている。

糸島の漁師

​ご門徒のNさん